工事

解体
改装工事の場合、解体作業は主に間仕切り壁を壊す事が多いのですが、1平米あたり厚さ7cmで約100キロ、10cmで約140キロも有り、長さ4m高さ2.5mの壁は1トンから1.4トン程になり、これらを粉砕、運搬、廃棄する作業は重労働です。また壊し方も他の部分に悪影響を与えぬ様に注意が必要です。

   


造壁
間仕切り壁を作る材料に、フランスでは主に carreaux de plâtre (石膏版66×50cm)や plaques de plâtre (石膏板 250×120cm) が使用されますが、共に耐水性の物も有り浴室やキッチンに用いられます。

   

天井
オリジナルの天井がある程度の高さが有る場合、スポットライトをはめ込む為や防音、保温の目的で二重天井を造ります。